1. トップページ
  2. 21世紀に生きるエドガー・ケイシーの教え
  3. 第3回「ケイシーとの出逢いは夢の中。ケイシーからの招待状を見つけたんです。」 渡辺 奈津 先生

第3回 ケイシーとの出逢いは夢の中。ケイシーからの招待状を見つけたんです。
渡辺 奈津(わたなべ なつ)
わたなべ皮フ科・形成外科、クラシカルホメオパシークリニック院長
大阪で1993年、『わたなべ皮フ科形成外科』を開業。西洋医学による処置や処方のみならず、漢方や生活・食事指導などを取り入れたホリスティックな治療を行う医師として、地元をはじめ各地で絶大な信頼を集めている渡辺奈津先生。併設しているクラシカルホメオパシークリニックの院長を兼任しながら、著書『クラシカル・ホメオパシーガイド』の出版や『ホメオパシー私塾』開講などで、ホメオパシーの啓蒙に努めていることでも知られています。そんな奈津先生も実はエドガー・ケイシーから様々な影響を受けた一人。今回はケイシーとのちょっと不思議な出会いから、真の健康についての考え方、美しくなるためのアドバイスまで、たっぷりと伺いました。

わたなべ皮フ科・形成外科    http://asunarokai.net/
ラシカルホメオパシークリニック http://www.homeopathy-clinic.jp/
奈津先生との出会いはもう10数年前。当時、奥沢にあったお店にもご来店いただいたことがあります。すでにその頃から奈津先生は、治療に漢方やホメオパシーを取り入れているのはもちろん、古今東西のヒーリングやケイシー療法まで学ばれている希少なお医者様としてご活躍中でした。そんな奈津先生も、もとは現代医学一辺倒のドクターでいらしたんですよね。
そうなんです。医大を卒業した後、美と技術をテーマにした仕事がしたいと形成外科医になったんですが、当時は手術をするのが好きでしたね(笑)。というのも、その頃の私はまるで職人のように「いかに完璧に手術をするか」ということを追及していて、技を磨くにはただ実践あるのみだったからです。ですから一日中白衣を着て、家にも帰らずに病院で寝泊まりをしてはひたすら手術、手術の毎日。でも私にはそれがとてもハッピーだったんですね。おかげで自分で言うのも何ですが、どんどん腕を磨いてかなり器用に手術をこなせるようになっていきました。患者さんにもとても喜ばれていたんです。
やりがいのある仕事に就いて、実際に手応えも感じられていた。医師としてノリにのっていらしたんですね。
ええ(笑)。ところがそんなある日、人生初の大きな挫折のきっかけとなる出来事に遭ってしまったんです。それは、ある大やけどを負った患者さんに皮膚の移植をするという、命にもかかわる大手術を行っていた時のこと。一刻を争う事態であったために、私も普段より焦っていたのでしょう。メスで自分の皮膚も切ってしまっていたことに気付かないまま輸血の血液に触れ、C型肝炎に感染してしまったのです。

ページトップへ戻る